沖縄結婚式での服装男性編!エナメル靴やマナーも紹介!

沖縄結婚式での服装男性編!エナメル靴やマナーも紹介!沖縄
Pocket

今回は沖縄の結婚式で男性はどういう服装が良いのか、またエナメル靴や服装マナーも紹介していきます。

日本のリゾートウェディングでとても人気がある場所といえば沖縄です。

沖縄の結婚式は盛大に行われることが多く、本土とは少し違った文化やマナーがあり初めて招待された方は驚くこともあるでしょう。

もし家族や友人などから沖縄の結婚式に呼ばれたとき、気になるのが「服装」です。

この記事を読んでいただくと、男性が沖縄の結婚で着ていく服装に困らないような情報がたくさんあります。

結婚式でおすすめエナメル靴のデザインや色も紹介するので最後までじっくりご覧ください。

 

沖縄結婚式での服装男性編!

沖縄の結婚式は参加者の人数がとても多く、ゲストが200〜300人のなることも珍しくないです。

時には500人を超えることもあり、あまりの多さ有名人の結婚式に来たんじゃないかとびっくりすることもあります。

きっちりとした堅苦しい雰囲気はあまりなくとてもアットホームで、披露宴は親族や友人などによる出し物が多いイメージです。

最後にはみんなで席を立って動き回りながらカチャーシーを楽しく踊ります。

 

「スーツ」もしくは「かりゆしウェア」でOK

沖縄の結婚式にはいろいろなタイプがあり大人数を招待する規模が大きい結婚式や、親族だけの少人数で行うリゾートウエディングなどがあります。

それから内容も違いもあり、ホテル内の披露宴会場やチャペルで行うものから、ビーチなどのオーシャンビューで解放的なものまであります。

これだけ多くの種類や形式がありますが、男性が沖縄の結婚式で着ていく服装は「スーツ」か「かりゆしウェア」で大丈夫です。

かりゆしウェアとは?


沖縄の夏を快適に過ごし、訪れる観光客を温かく迎え入れて沖縄のイメージアップを図るために考えられたウェアのことです。

沖縄伝統の染織物、文化や自然等をモチーフにしたデザインが特徴で、服を着るときはウェアの裾を外に出して着用するのが一般的です。
沖縄県では夏の軽装として定着していて、かりゆしウェアで仕事しているサラリーマンを見ることも多々あります。

最近では観光客にも人気でお土産で買って帰る人もたくさんいます。

ちなみに「かりゆし」は沖縄の方言で、「めでたいこと」や「縁起の良いこと」を意味します。

 

若い年齢層はスーツ、年配の方はかりゆしウェア

沖縄の結婚式だからといって必ず「沖縄の結婚式の服装=かりゆしウェア」とういことはではありません。

沖縄出身じゃない新郎新婦さんの結婚式や年齢が若い場合、招待された男性ゲストはスーツを着ることもあります。

沖縄出身の新郎新婦さんの時でも若い男性はスーツを着用している人が多くいて、かりゆしウェアを着ている人はそんなにいないです。

実はかりゆしウェアを着ている人は、いわゆる「おじさん世代」の年配の方の割合が高くなっているイメージがあります。

でもこれはあくまで傾向なので、せっかく沖縄に来たんだから着てみたいとか、ファッションが好きな人はぜひ着用してほしいです。

若者にかりゆしウェアはダメといったマナーはないのでどんどん着てください!

 

沖縄結婚式での服装、男性のエナメル靴やマナーも紹介!

https://twitter.com/st_bayhills/status/1287269254815813632?s=20

結婚式でおすすめのエナメル素材の靴と服装マナーについて紹介していきます。

 

結婚式ではエナメル素材の靴がおすすめ

「結婚式だから革靴を履いていけば大丈夫」というのはわかりますが、革靴なら何でもいいというわけではないのです。

結婚式でおすすめのデザインと色を見ていきましょう。

デザイン

「紐つき」と「紐なし」がありますが結婚式ではフォーマル度が高い「紐つき」を選びましょう。

紐つきにもいくつか種類があり、つま先のデザインはストレートチップとプレーントゥがあります。

ストレートチップが最もフォーマル度が高く結婚式にふさわしい革靴で、これを履いていれば間違いないでしょう。

一足持っていくと冠婚葬祭で使えるので便利ですよ。

エナメル加工の革靴は「フォーマルな感じはいいけど、ちょっとおしゃれ感も出したいな」と思った時におすすめです。

ピカピカと輝くエナメルの靴は足先からコーディネートを煌びやかにしてくれてテンションが上がります。

結婚式などのフォーマルな場所では基本は「黒」がふさわしいです。

最近では平服指定がない結婚式に茶色の靴で参列したという人も増えてきているそうですね。

しかし親族という形で参列するときは、新郎新婦と一緒にゲストを迎える立場なのでフォーマルな服装が望ましいと思います。

また、友人代表でスピーチする時など人前に立つ場合は足元まできっちりとした方がいいでしょう。

 

沖縄の結婚式でふさわしくない男性の服装

沖縄の結婚式は本土の結婚式に比べてカジュアルな服が比較的許されていてますが、それでも避けたい服装のマナーがあります。

真っ白や真っ黒なコーディネート

沖縄結婚式での服装男性編!エナメル靴やマナーも紹介!

白は新郎新婦の色、黒は喪を思わせる色なのでどちらも避けたいです。

全身白や全身黒のコーディネートは、おめでたい席ではやらない方がいいでしょう。

トップス、ボトム、靴のどれかの一部であれば問題ないと思いますが、真っ黒や真っ白な無地のシャツは避けるべきです。

かりゆしの柄入りの黒シャツや白シャツだったら大丈夫です。

Tシャツなどのカジュアル過ぎる服装

沖縄の結婚式は、平服ではなくカジュアルな服装でいいですよということも多いのですが、といってもTシャツたった1枚で行くようなことをしてはいけません。

もしTシャツを着ていく場合は、ジャケットを羽織るなどして服装の格を上げた方がいいでしょう。

アニマル柄や爬虫類柄の服や靴

沖縄結婚式での服装男性編!エナメル靴やマナーも紹介!

ヒョウ柄やヘビ柄の服や靴、バッグなどは結婚式であまり縁起が良くないとされているため避けるべきです。

また、靴とベルト以外のレザーもあまり縁起が良くないとされているため、レザー仕様のパンツも避けた方がいいです。

 

沖縄結婚式での服装男性編!エナメル靴やマナーも紹介!のまとめ

今回は沖縄の結婚式で男性はどういう服装が良いのか、エナメル靴や服装マナーも紹介させていただきました。

沖縄の結婚式は全国的にみて比較的カジュアルな服装が許されるイメージですが、それでも避けてほしい男性の服装はあります。

靴はエナメル加工のものがおしゃれ感があっておすすめです。

どんな服を着ていけばいいかの判断基準として、新郎新婦の意見や季節で決めることもあります。

新郎新婦が沖縄感を出してほしいと希望があればかりゆしウェアにしたり、冬の寒い時期にはジャケットを羽織った方がいいでしょう。

マナーは守り、その時に合ったコーディネートで結婚式を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました