石垣島から行ける離島!小浜島のおすすめスポット4選!

石垣島から行ける離島!小浜島のおすすめスポット4選!沖縄
Pocket

石垣島の近くにはたくさんの離島がありますが、今回は小浜島のおすすめスポットについて紹介していきます。

小浜島は八重山諸島のほぼ真ん中にあり、周囲は16.5km、人口は560人くらいの小さな島で、「コハマブルー」といわれるキレイな海があります。

石垣島からは高速フェリーで25〜30分くらいで日帰りで行くことができ、便数も1日13も運行しています。

2001年に放送されたNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台になったことでも知られています。

沖縄伝統建築である赤瓦屋根の民家も多く、所々にはサトウキビ畑が広がっていてのどかな雰囲気です。

旧暦の8月には伝統行事である「結願祭」が行われ、国の重要無形文化財に指定されています。

そんな昔ながらの文化が今でも色濃く残っている小浜島に行った際、どこに行けばいいか迷わないように観光スポットをお伝えしていきます!

 

 

石垣島から行けるおすすめの離島!小浜島の人気スポット4選!

石垣島から行ける離島!小浜島のおすすめスポット4選!

これから小浜島のおすすめスポットを紹介していきます。

 

1、大岳(ウフダキ)

小浜島で1番標高が高い場所で99メートルある展望台です。

港からは役1.7km、徒歩では20以上かかるのでレンタルサイクルやレンタルバイクがおすすめです。

途中には牛さん達もいっぱいいてのどかな雰囲気です。

頂上までは約300段の階段があって10分ほどかかります。

あまり運動をしていない方には少し大変かもしれないので、夏場などは特に水分をしっかりとり休憩をはさみながら進みましょう。

そして登った先には360°の大パノラマの絶景を眺めることができます。

小浜島はとても小さい島ですが世界的にも有名なサンゴ礁に囲まれていて、ダイヤモンドのように輝いている海の美しさを体感できると思います。

石垣島や竹富島、西表島、黒島、新城島、鳩間島、嘉弥真島も見ることができて、八重山諸島の真ん中にあることから「八重山のてんぶす(沖縄方言でおへそといいう意味)」と言われています。

天気がいい日には波照間島も見えることがあり、こんなに多くの島を同じ場所から見れるところはあまりないと思います。

また夕日スポットとしても人気があり西表島に夕日が沈む光景はとても幻想的なので、ぜひ日の入り時刻を調べて見てください。

小浜島で1番高いところからの絶景を独り占めしましょう!

 

2、細崎(くばさき)海岸

小浜島で最も西側にあり、名前の通り細く伸びた岬にある海岸です。

港から自転車で約25分くらいかかり、少し遠い場所であまり人がいない穴場スポットです。

細崎は沖縄本島の糸満から漁師が移り住んで出来た集落で、旧暦の5月4日にはハーリー(爬龍船競漕)が開催されています。

透き通った海の先には西表島が見えて、のそ間には「ヨナラ水道」という石西礁湖の切れ目がある海峡があります。

別名「マンタ・ウェイ」とも呼ばれ、マンタを見ることができるスキューバダイビングの人気スポットでもありあます。

海岸の近くの「海人公園」にはマンタの形をした展望台があり、ヨナラ水道にマンタが現れることから作られたそうです。

海岸を歩きながら貝殻を拾って遊んだり、冬から春の期間はもずくをとることもできます。

ぼーっと海を眺めたり、静かでのんびりした雰囲気を味わいたい方にはとてもおすすめです!

 

「ちゅらさん」で有名になった場所はここ!

石垣島から行ける離島!小浜島のおすすめスポット4選!

2001に放送されたNHKの朝ドラで主人公と家族の絆が描かれていて、3話も続編が作られている人気のドラマです。

「ちゅらさん」は沖縄の方言で美しい、きれいという意味があります。

 

3、こはぐら荘

正式名称は「大盛家住宅」といい、集落の中心部にあって港からだと車で約5分、徒歩なら約20分のところにあります。

ちゅらさんの主人公である恵里とその家族が住むロケ地として使われていて、今でも撮影時の看板がそのまま残されています。

外観は赤い瓦屋根に家の正面は石垣があって、沖縄の伝統的な造りで古き良き雰囲気が感じられます。

入り口には「ヒンプン」といって魔除けの意味がある壁があり、これが立派だったのでロケ地になった理由の1ひとつでもあるらしいです。

屋根の上には守り神であるシーサーがいて、これぞ琉球民家という素晴らしい外観を見ることができます。

こはぐら荘は1915年に建てられていて母家、井戸、ヒンプン、洗い場はそのままの形で残っています。

100年以上前に建てられていたとは驚きで、台風の強い雨風に負けないくらい頑丈なのがわかりますね。

2006年には沖縄の伝統的な民家がいい状態のまま残っていることから国の登録有形文化財に認されており、こはぐら荘の看板の横には登録有形文化財である証拠に石碑があります。

今は民家として使用されているので中に勝手に入ってはいけません。

365日24時間家の外からの見学や外観の撮影はできますが、周辺には地元の住民もいるので迷惑にならないよう騒いだりせずに記念撮影などをしましょう。

朝の早い時間や深夜などは行かないようにして、長い時間居すわるのはやめましょう。

バスツアーで一時停止してからの撮影もあったり、レンタルサイクルなどで風を肌で感じながら景色を楽しのもいいですね。

ドラマの世界観を味わうことができるのでとてもおすすめです!

 

4、シュガーロード

「シュガーロード」は小浜島でNo.1の人気スポットと言っても過言ではないです。

港から徒歩で約20分、自転車で約10くらいで着きます。

こはぐら荘からも徒歩8分と近いことからロケ地巡りとしては嬉しいですね。

「ちゅらさん2」の第一話で主人公が自転車に乗っているシーンが印象的です。

1kmくらいの真っ直ぐな一本道が続いており、道の両脇にはその名の通りサトウキビ畑が広がっています。

秋ごろに1番サトウキビが成長しているのでよりいい景色を見ることができます。

中間地点には大きな一本松があり、昔はこれを目印にして恋人同士が待ち合わせをしていたそうです。

こんな場所が昔からあったなんてとてもロマンチックです。

シュガーロードの先には青空とコバルトブルーの海が見えて最高の撮影スポットになります。

アップダウンが激しいのでレンタルサイクルで海の風を感じながら坂を降っていくと気持ちいいと思います。

ドラマを見たことある方はもちろん、そうでなくても写真が好きな方や良い景色の場所に行きたい方にはとてもおすすめです!

 

まとめ

今回は「石垣島から行ける離島!小浜島のおすすめスポット4選!」を紹介させていただきました。

小浜島は石垣島からのアクセスがよくて日帰りでも十分楽しめます。

歴史的な建物や豊かな自然にも囲まれていて、小さな島ではありますがたくさんの観光スポットがあります。

朝ドラの「ちゅらさん」の影響で島を訪れた人も多いと思いますが、見たことがなくてもきっと小浜島の魅力を感じていただけると思います。

1日じゃ足りない方は最高のリゾートホテルもありますので、マリンスポーツなどを楽しみながら充実した滞在にして下さい。

非日常を体感しながらのんびりとした休暇を過ごしてみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました