石垣島から行けるおすすめ離島!西表島での楽しみ方4選!

石垣島から行けるおすすめ離島!西表島での楽しみ方4選!沖縄
Pocket

石垣島の周りにはさまざまな離島がありますが、その中でも多くの観光客が足を運ぶのが西表島です。

高速フェリーで40分くらいで着き、1日に10本以上も運行しています。

八重山諸島で最大の面積を誇り県内では沖縄本島の次に広く、日本でも11番目に大きい島です。

なんと島の90%以上が亜熱帯のマングローブというのは驚きです。

その規模は日本最大級で南米のジャングルに来ているかのよう。

特別天然記念物のイリオモテヤマネコやセマルハコガメが生息していて、希少な動植物がたくさんいる西表島は「東洋のバラパゴス」と言われています。

西表島と石垣島の間には日本最大のサンゴ礁域「石西礁湖」があり、海も八重山諸島で随一の美しさです。

そんな西表島には豊かな自然を生かしたアクティビティや人気スポットがいっぱいあり、どこに行けばいいか迷うかもしれません。

そこで今回はこれをすれば間違いなく西表島を満喫できるという楽しみ方を紹介していきます!

 

石垣島から行けるおすすめ離島!西表島での楽しみ方選!

石垣島から行けるおすすめ離島!西表島での楽しみ方4選!

ではこれから西表島での楽しみ方をお伝えしていきます。

 

1、レンタカーで島をドライブしよう!

とても大きな島なので徒歩での移動は絶対無理とは言わないですがなかなか大変です。

移動手段としてはレンタカー、レンタルバイク、路線バス、観光バス、タクシー、レンタルサイクルがあります。

西表島は坂道が多いので1番のおすすめは「レンタカー」で、丸1日あれば島を一周できると思います。

上原港と大原港の間の距離は車で約1時間で、レンタカー会社によっては一方の港で借りてもう一方の港で車を返却することもできます。

レンタカー会社は、「西表サザンレンタカー」、「西表レンタカー」、「ヤマネコレンタカー」、「ティンクレンタカー」、「レンタカーkei」、「オリックスレンタカー」、「マックイーンレンタカー」の7社があります。

車種や料金、予約の仕方などはそれぞれで変わってきます、会社の場所も違うので観光したいスポットに近いところを選ぶといいでしょう。

西表島は面積の90%以上が森でありあまり普段見れない景色が続きます。

窓を開けて車を走らせると冷たく気持ちいい風が入ってくると思うので、肌で自然を感じながらドライブを楽しみましょう!

近年、特別天然記念物であるイリオモテヤマネコの事故が多くなっていきているので安全運転でお願いします。

 

2、「星の砂浜」を歩きながら星砂を探そう!

北部にあるビーチで上原港から車で約5分、自転車で15分くらいのところにあります。

西表島で1番有名で観光客にも人気のスポットになっています。

その名の通り星の形をした砂がたくさんあることから「星の砂浜」という名前になりました。

星砂の正体は有孔虫という生き物の殻で、大きさは髪の毛と同じくらいの太さなので肉眼で見ることは難しいです。

日本にはたくさんの砂浜があるのになぜ沖縄で星砂がたくさん発見されるかというとサンゴ礁が関係しています。

有孔虫はサンゴ礁が生息しているキレイな海があるところを好むらしいです。

星砂は両手ですくって探すよりも、手のひらを砂にグッと押しつけて手についた砂を見た方が探しやすいと思います。

遠瀬のビーチですが深さが膝下くらいのところに30〜40センチの魚が泳いでいることも多いです。

その他にも沖縄ならではのカラフルな魚もいっぱい隠れています。

少し沖の方に巨大な岩があり強風の時でも波が小さく、水温も高いのでお子様連れの家族も安心して遊ぶことができます。

他の楽しみ方としてはシュノーケリングがおすすめで、色とりどりの魚たちをたくさんみてほしいです。

ビーチの目の前には泳いですぐ行ける小さな島があり、そこからは美しいサンゴ礁を見ることができます。

小島の向こう側は風を遮るものがないので、風が強い日にはあまり行かないようにしましょう!

 

3、由布島(ゆぶじま)観光!

西表島からたった400メートルしか離れていない東側にある小さな島です。

周囲は2kmくらいで、歩いても1時間で回りきれるほどです。

島全体が亜熱帯植物園になっていて、「ブーゲンビレアガーデン」では30種類以上の花を見ることができます。

そして特徴的なのが由布島までの行き方で、なんと「水牛車」で海を渡るのです。

竹富島でも水牛車はありましたが、ここでは海の上を歩きます。

水牛車乗り場までは大原港から車で約20分くらいで、そこから15分かけて由布島まで渡っていきます。

水牛車に乗らなくても徒歩で行くことも可能ですよ。

水深は1メートルと浅く、水牛の心地よい揺れを感じながらのんびりとした時間を過ごすことができます。

スタッフさんによるお話や民謡を聴きながら、どこまでも続くような海を眺めて非日常を味わうことができるでしょう。

由布島に入るためには入園料が必要で水牛車で行く場合は、往復水牛車・入園料が「大人(中学生以上)1720円」、「子供(小学生)860円」で小学生未満は無料です。

徒歩で行く場合は入園料が「大人600円」、「子供300円」で小学生以下は無料となっています。

 

 

マングローブを間近で観察しよう!

石垣島から行けるおすすめ離島!西表島での楽しみ方4選!

西表島を満喫できるアクティビティです。

 

4、SUP・カヌー体験!

西表島に来たら外せないのがマングローブを観察できるアクティビティだと思います。

マングローブとは海水と淡水(川の水)が混ざり合う「汽水域」に生息する植物の総称のことです。

亜熱帯の地域によく見られ世界最北の天然マングローブは鹿児島県種子島で、日本最大級を見ることができるのはここ西表島なのです。

そのマングローブを間近で観察できるのがSUP・カヌー体験です。

波が穏やかな川はSUPやカヌーに乗ったことがない初心者の方でも簡単に漕ぐとこができます。

スタッフさんが漕ぎ方や落水した時の対処法をしっかり教えてくれて、ライフジャケットもあるので安心ですね。

むしむしして暑いのでわざと川に落ちて楽しむのもいいかもしれません。

少し高いところから景色を見たい方はボードの上に立ち上がれるSUP、立つのが怖かったり体力に自信があまりない方はカヌーがおすすめです。

SUPはボードの上の寝転んでみたり、片膝立ちなったりと色々な体勢から観察できるところがいいですね。

「幸運が訪れる」という花言葉の「サガリバナ」を見ることができるかも?

 

まとめ

西表島は面積のほとんどが亜熱帯のマングローブに囲まれていて、海にはキレイなサンゴ礁があります。

今回はそんな西表島での楽しみ方4選を紹介しました。

島ならではのゆっくりとした時間を過ごせるものや、豊かな自然で体をたくさん動かせるものもがありましたね。

1日あれば2つぐらいのアクティビティは楽しむとこができると思います。

注意点としては虫刺されや日焼けをする可能性があるので、長袖・長ズボンが安全かもしれないです。

その他にもスマホ用防水ケースや防水カメラ、小さいリュックなどを用意した方がいいでしょう。

とてもおすすめの離島なのでぜひ行ってみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました